So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サイトオープンの準備 [日々の生活]

スポンサードリンク




9月9日(火) サイトオープンの準備

このブログをリニューアルする準備をしていましたが、あと数日中には「南房総極楽日記」Webサイトとしてオープンできそうですm(_ _)m。
「イケイケ和田町スポット100選」「房総半島南部 見てみんしゃい記録」を独立したページにし、他の記事についてはこれまで通りにブログで発表していく予定です。
新Webサイトでは「情報発信」という切り口で記事を書いていけたらと思っています。

今日は何日かぶりに晴れましたのでウォーキングに出ました。この町に引っ越してきてから
「飛行機がよく通るよなあ」
と思っていたのですが、ひょっとして航路になっているのでしょうか。
友人からのメールに「鹿児島から東京に帰る飛行機で房総沖を通りました♪」とあって思いついたのですが・・・
飛行機が飛んでいても騒音とは感じません。高度があるせいなのか、潮騒が勝ってしまうのか。
飛行機も鳥のように気持ちよさそうに飛んでいます。
自然の造形が美しいのはもちろんですが、人間が作ったものもまた美しいと思います。

【飛行機を撮るのは難しい(>_<)】

2014-09-09 hikouki.jpg




スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

シーゲル

和田町上空の飛行は羽田空港便でしょうか。
ウチの上には成田便が行き交っています。
空港が近いため低く飛びますが、騒音はさほどでもありません。
新しいウェブサイト、楽しみにしています。
by シーゲル (2014-09-10 05:56) 

あわみな

シーゲルさん
コメントありがとうございます。
羽田空港便も成田便もあるようです。
風の向きによってどの便もその都度、航路が変わるそうなのですが、良く考えたらここは千葉県で成田空港がありますものね!
新しいウェブサイトはあと一息です(^o^)丿
よろしくお願いしますm(_ _)m
by あわみな (2014-09-10 21:50) 

ひまわり

飛行機ってよほど低空を飛んでいないと、中々撮るのがむずかしいですね。だけどいつどこからミサイルが飛んでくるか分からないので、くわばらくわらばです。情報発信といえば、鋸南町に住む95歳の山口さんという旧日本軍の元上等兵の方が、「明日の鋸南町を考える会主催」で、大戦末期の硫黄島の悲惨な体験を69年経って、初めて人前で証言をしたそうで、新聞に大きく取り上げられていましたよ。顔写真も出ていましたがとても歳にみえないきちんとした人でした。
by ひまわり (2014-09-11 18:43) 

あわみな

ひまわりさん コメントありがとうございます。
戦争といえば浅田次郎の「終わらざる夏」を読み終わったところで、感動的には書かれていましたが、あまりにも気の毒といえば気の毒な話で、しばらく悲しい気分になっていました(>_<)
鋸南の山口さんのことも、若いころの私であれば「69年も黙ってないで後世に伝わるようにさっさと話せばいいのに」と思ったろうと思いますが、今は「とてもではないが話せなかった」のだろうなあと、察せられるようにりました。
硫黄島か・・・
by あわみな (2014-09-11 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。