So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
この町を知ろう! ~安房、ちょっとお勉強~ ブログトップ

NPO法人和田地域づくり協議会『WA・O!』主催 寺子屋講座へ参加しました<後編> [この町を知ろう! ~安房、ちょっとお勉強~]

スポンサードリンク




7月4日(金) NPO法人和田地域づくり協議会『WA・O!』主催 寺子屋講座へ参加しました<後編>
6月15日(日)に参加した寺子屋講座で学んだこととその感想の、2回目です。

講座の概要については6月5日(木)の記事をご参照ください。
<前編(下記テーマ1、2、3)>はこちらへ。

【この日のテーマ】
さて、講座は成城大学文芸学部の小島孝夫教授の司会進行の下、5名の学生達が次のテーマで発表しました。
1.ジミョウから見た和田のくらし
2.家業から見た和田のくらし
3.葬式組の変化から考える和田のくらし
4.婚姻から見た和田のくらし
5.捕鯨からみた和田のくらし

【テーマ別発表(要約)】
4.婚姻から見た和田のくらし

旧和田町での婚姻は以下の特徴があった。
結婚の話は親の間でまとめられるが、それに先立って女性は学校を卒業すると東京に奉公へ出て「行儀見習い」をする習わしがあった。結婚話がまとまると、嫁入り道具が貰い方の家に並べられ、式は貰い方の家で行われた。式の翌日にくれ方(新婦)の家に新郎の両親、仲人の奥さんが挨拶に行き、その後、新婦の両親が新婦とともに婚家に出向いて接待を受けた。翌日、新婦が仲人かジミョウと一緒に近所や親せきの家に挨拶に回った。
以上が概略で、次に、昭和19年、22年、32年、38年に行われた婚姻の4つの事例が挙げられた。
時代背景が刻々と変化していくなかで「絶対的な儀礼」として行われたという印象はなく臨機応変に変化している様子がうかがえた。料理も親せきや近所の人の手で行われたものがプロの料理人に頼むようになったり、式の会場も婚家で行われていたものが旅館を利用するようになり、徐々に式が商業化されていった。
4つの事例で共通しているのは、ほぼ女性が25歳前後で結婚しているということである。これは「生き方のモデルケース」のようなものが想定されており、共同体全体で共有されていたのではないかと思われる。
現在は生き方が多様になってきており、そのようなモデルケースは維持されにくくなったようである。

5.捕鯨からみた和田のくらし

安房地方では江戸時代から捕鯨が行われており、現在でも和田町には捕鯨基地があり、ツチクジラの食文化が継承されている。
現在の捕鯨は、漁期6月20日から8月31日までの間26頭が捕獲され、鯨肉は地元の加工業者、個人客、観光客に販売され、外房捕鯨株式会社による自社加工が行われる。鯨皮は加工業者に販売している。なお、鯨骨は現在、廃棄物として処理されてしまうが、かつては地元のビワ栽培農家が肥料として重用していた。

(ツチクジラと今の和田のくらしについて)
外房捕鯨株式会社が6、7、8月にツチクジラの捕獲、解体、加工の作業を行っており、同社の施設の解体場で解剖・裁割・成形する。1頭平均4時間かかる。
地元の鯨の調理法は佃煮、竜田揚げ、タレ、カツなど。地元以外では、塩につけて干してから焼いて食べたり、にんにく醤油で刺身を食べたりするし、竜田揚げやステーキ、大和煮などにすることもある。
また、鯨文化を子どもたちに伝える取り組みもしており、和田町の子どもたちは小学校5年生、中学校2年生の総合学習で鯨の勉強をする。毎年初めて鯨が揚がった際、初漁祭を見学しにいく。
現在、「和田浦クジラ食文化おかみさんの会」も活動しており、飲食店や民宿で鯨料理を提供したり、ツチクジラ料理を紹介するイベントを行ったりしている。

(和田浦の小型沿岸捕鯨の課題について)
1998年からツチクジラ肉の下落が続いていること。これはミンククジラ肉との競合が原因のひとつに挙げられるが、ツチクジラ肉の購入者が高齢化し、消費量が減少したことも影響している。さらに捕鯨に関わる従業員の確保と解体技術の継承が難しくなっていること、鯨漁の船舶の老朽化への対応や、和田漁港の改修の必要性なども生じている。また、官の捕鯨と民の捕鯨の存在、調査捕鯨と小型沿岸捕鯨の存在など、捕鯨をめぐる状況がややこしい。小型沿岸捕鯨存続のための調査捕鯨傭船などの矛盾が生じている。
けれども現時点では和田町にはツチクジラの食文化が生きており、飲食店や民宿を営む町民は鯨を題材に町を盛り上げ、PRしていこうと考えている。和田町と鯨の関係は継続していくと思われるが、町として鯨を産業として守っていくのか観光資源として利用するのか、統一されていない。捕鯨が世間から注目されている今、町民が結束して和田町の鯨文化を世界に発信していく必要があるのではないだろうか。

【私の感想】
5名の学生達の発表、小島先生のお話を通して聞いて「いかにも和田町、というか房州人らしいなあ」という感想を持ちました。ジミョウにしても葬式組にしても婚姻にしても家業のことについても鯨文化にしても「どうしても継承していかねば!」とか「かたくなに守っていかねば!」という頑固さがなく、とても柔軟に、変化を許しているようにみえます。
「はあー、もうー、前のようにはいかねえさあ。はあ、しょーがねえっぺよ!」
という房州人のつぶやきが聞こえてくるような気がいたします。
それはそれでよいのではないかと思う一方、学生達も先生もおっしゃっていた通り「今一度立ち止まって考え、良いと思えるものは残していけたらよいのでは」というのも、まさしくその通りだと思いました。

とくに印象に残ったのは小島先生が最後におっしゃっていたことで、鯨の骨粉は柑橘類の作物を育てるのに最適で、古くから鯨漁を行っている地域と柑橘類が良く育つ地域がダブっているのだ、とのこと。まさにこの地域の鯨漁と枇杷の関係がそうなのでしょう。せっかくの鯨の骨粉が、今、顧みられなくなっているのはとてももったいない気がします。また共同体の伝統や文化なども含めて「これからどうしていくのか」ということについては、ずっと考え続けていかないと引き継がれていかないとのお言葉も深く感じ入りました。考え続けるというのは面倒だし、楽ではありません。それでも共同体で共有していた良きものはなんとかして引き継いで行けたほうがよいだろうと思います。

もうひとつ「仁我浦共同団体」のお話というのも、ぜひもう少し知りたいと思いました。明治22年の合併時に和田町有林になった、旧仁我浦村共有林を53戸で9か年賦で買戻し、昭和12年に完済したものを現在も規約の改定をしながら53戸で管理しているということです。なぜそのようにしたのか、なぜ現在も続けているのか興味があります。

今回の寺子屋講座はとても面白く、ためになりました。次回も期待しています。ありがとうございました。

NPO法人和田地域づくり協議会『WA・O!』主催 寺子屋講座へ参加しました<前編> [この町を知ろう! ~安房、ちょっとお勉強~]

スポンサードリンク




6月19日(木) NPO法人和田地域づくり協議会『WA・O!』主催 寺子屋講座へ参加しました<前編>

講座の概要については6月5日(木)の記事をご参照ください。

6月15日(日)に参加した寺子屋講座で学んだこととその感想をまとめます。2回に分けて記事にいたします。

【盛況でした】
会場の「和田地域センター3階市民ホール」には初めて入りました。
パイプ椅子がおよそ80脚並べられていましたが、まだまだ入るのではないでしょうか。100人以上余裕で入りそうです。
また大きな窓からの眺めがすばらしかったです。
講座への参加者は50名を超えていたと思います。なかなかの盛況で、ご近所さんのお顔も見られました(そりゃそうか!)。これも田舎のよいところでしょうか。

【この日のテーマ】
さて、講座は成城大学文芸学部の小島孝夫教授の司会進行の下、5名の学生達が次のテーマで発表しました。
1.ジミョウから見た和田のくらし
2.家業から見た和田のくらし
3.葬式組の変化から考える和田のくらし
4.婚姻から見た和田のくらし
5.捕鯨からみた和田のくらし

【なぜに和田?】
この講座のことをお聞きしたとき、まず思ったのが「なぜに和田?」ということでした。
小島先生からのご挨拶を聞いて謎が氷解しました。小島先生はかつて「千葉県立安房博物館」にお勤めしていらっしゃったそうです。またネットで簡単に調べましたら、ご専門が日本民俗学で、特に漁撈習俗が主な専攻対象であるとのこと。納得!

ところでこれも今、調べて驚きました。「千葉県立安房博物館」通称「あわはく」は平成21年に閉館されていました。その後、平成23年に「館山市立博物館分館」として開館しているとのことです。行かなきゃ。
「あわはく」は私も子ども時代、学生時代に何回か訪ねました。しばらく離れていた間にそんなことになっていたのですね。

【小島先生の談話(最初のご挨拶)より】
「民俗学は、人ひとりひとりの生き方から学ぶことが一番大切な資料になる。研究のための研究にならないようにしていきたい」というお言葉が印象的でした。
また発表の中で言葉がカタカナ表記で記されることがあるが、これは民俗学では言葉そのものが標本となるという考え方があり、漢字をあてると特定の意味がもたれてしまう可能性があるためにあえてカタカナで表記するという手法なのでご理解を、という説明がありました。今回の発表の中ではおそらく「ジミョウ」や「ジュウロクニチネンブツ」などがそれにあたるのでしょうですね。

【テーマ別発表(要約)】
1.ジミョウから見た和田のくらし
和田町には冠婚葬祭などの祝儀、不祝儀などを取り仕切る互助関係として「ジミョウ」と呼ばれる関係があった。全国にも類似の互助関係がみられるが、ジミョウのような多様で柔軟な関係性はめずらしい。
血縁関係がある訳ではない数件の家同士でジミョウになっている、和田町に引っ越してきた家がもともと和田町にあった家に依頼してジミョウになった、本家と分家の中から数件ずつジミョウの関係を作っている、などいくつかのパターンがみられる。基本的にはジミョウの縁を切らないかぎり関係は続いていくが、引っ越しなどで自然消滅することもあれば、酒やお菓子などを持って挨拶した上で縁を切る場合もある。
約30年前に葬儀業者がこの地に創設されてから、ジミョウに変化がみられるようになった。ジミョウが担っていた不祝儀の役割が徐々に業者に任されるようになり、ジミョウが果たす役割がなくなってきた。高齢化や過疎化の影響もあり、その流れに対しては反発もないようである。

2.家業から見た和田のくらし
家業とは家単位で行われる生計を立てる術であり、家族で行う商売である。日本全体で家業経営をしている家は少なくなっている。和田町の花農家を調査してみたらやはり高齢化、後継者不足の問題があった。家業は家単位で行われるが、同時に一つの家で完結するものではなく、他家との関わりを必要とする。現在、農家では機械化が進み、他家との協力の必要性は薄れている。ただ農家同士の情報交換、共同作業などは現在でも必要であり、続けられている。
家業を継がずに企業に勤める人が増えているが、家業を継がなくとも地域とのつながりを断たずに交流を続けていくこともできる。おそらくそれは意義のあることではないだろうか。

3.葬式組の変化から考える和田のくらし
葬式組とはジミョウとは別で、今では消滅してしまった集まり。
和田町和田では(お)葬式組、講仲間、念仏仲間と呼ばれ、隣接していない16軒前後で構成し、月に一度集まって念仏の練習をしていた。練習は毎月16日ごろに行われるので「ジュウロクニチネンブツ」と言う。15年ほど前は6~7人参加すると多い方だったが、それ以前はより多くの人が参加していた。また葬式では故人の死装束を準備、葬列での鳴り物の担当、僧侶が念仏を唱えるのとは別に念仏の唱和などをしていた。
和田町真浦では講仲間と呼ばれ、10~15軒で構成し、葬儀での役割として、葬列への参加、土葬時の穴掘りなどを担当した。

葬式組の活動の変化の理由は二つあり、一つは葬式そのものが業者に委託される部分が増えていったこと、もう一つは自営で仕事をする人が減り、会社勤めをする人が増えたためにジュウロクニチネンブツへの参加などが難しくなったことである。こうしたことから4、5年前に話し合いの末、地域内の葬式組は解散したとされている。
葬式組の活動の変化は地域内の産業構造の変化、葬送儀礼の商業化が和田の暮らしを断片的に都市化させていることの表れである。これによって地域内のコミュニケーションの場が減ったことは確実であり、かつて葬式組が地域の互助組織としての役割の他に、地域住民の交流の場であったことを再確認する必要がある。
<後編へ続く>
この町を知ろう! ~安房、ちょっとお勉強~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。